You are currently browsing the いけだ歯科医院 weblog archives for 5月, 2008.

アーカイブ

Archive for 5月, 2008

セレック3Dとは?

セレック3D「目立つ銀歯をどうにかしたい・・・」
「治療したいが銀歯は入れたくない・・・」

こうした美容意識の高い現代のニーズに応えるべくドイツで生まれたセレックは、今や全世界でグローバルスタンダードとして世界中の歯科医が採用している先進のセラミック審美治療です。
その信頼性はこれまでに行われた数多くの臨床実験や、世界1000万以上の症例など20年に渡る実績が物語っています。

セレックシステムは歯の治療において、天然歯に限りなく近い審美的な色、質感を持つ新セラミックブロックを使用し、高精度3Dコンピューターでチェアサイドにて設計・加工。
最短わずか1時間での治療も可能にしました。

もう明日からは人目を気にせず、大きな口を開けて思いっきり笑えることでしょう。

金属のかぶせ物従来、詰め物、かぶせ物など金属(金歯・銀歯等)だとかなり目立ってしまい、恥ずかしくて口をあけて笑えないと悩まれた方も多いのではないかと思います。
かといって、セラミックを使用した治療になると保険外治療と言う事もあり、コストがかかってしまうのが難点でした。
セレック使用例この新しい技術であるセレックは、オールセラミックにもかかわらず、従来のものに比べたら1/2~1/3の費用で白い歯にすることができるのです。

read more… »

セレック制作工程

旧補綴物除去

修復方法の選択

近心舌側咬頭下に“う触”を認め、感染菌質除去後の欠損が大きくなる事が予想された。
その為セレック・インレー修復を選択。

窩洞再形成

感染菌質除去後の形成

フロアブルレジンによるアンダーカットの埋め立て及び窩洞内面のライニングを行った。

read more… »

セレックQ&A

セレックカウンセリングQ.どんな症状でもセレック治療は可能ですか?

A.一般的な詰め物・被せ物といった治療はもちろんの事、前歯に貼り付けるラミネートベニア治療も可能です。
歯を削る量を抑えて審美的な仕上がりを得られます。虫歯の大きさや咬み合わせの関係など、お口の中の状態により適切な治療法を検討いたしますので、詳しくは当院スタッフまでご相談下さいませ。

Q.なぜセラミックが良いのですか?

A.レジン(プラスチック素材)による修復治療と比べて、着色や変色、磨耗といった心配がありません。
金属修復治療と比べてもプラークがつきにくく、金属アレルギーの心配もありません。
また、セレックで使用するセラミックは工場で規格生産していますので、気泡などが混入する事も無く、全世界共通で常に品質が安定しています。
天然歯に最も近い素材として、世界中のドクターから評価されています。

read more… »