Author Archive

セレック3Dとは?

セレック3D「目立つ銀歯をどうにかしたい・・・」
「治療したいが銀歯は入れたくない・・・」

こうした美容意識の高い現代のニーズに応えるべくドイツで生まれたセレックは、今や全世界でグローバルスタンダードとして世界中の歯科医が採用している先進のセラミック審美治療です。
その信頼性はこれまでに行われた数多くの臨床実験や、世界1000万以上の症例など20年に渡る実績が物語っています。

セレックシステムは歯の治療において、天然歯に限りなく近い審美的な色、質感を持つ新セラミックブロックを使用し、高精度3Dコンピューターでチェアサイドにて設計・加工。
最短わずか1時間での治療も可能にしました。

もう明日からは人目を気にせず、大きな口を開けて思いっきり笑えることでしょう。

金属のかぶせ物従来、詰め物、かぶせ物など金属(金歯・銀歯等)だとかなり目立ってしまい、恥ずかしくて口をあけて笑えないと悩まれた方も多いのではないかと思います。
かといって、セラミックを使用した治療になると保険外治療と言う事もあり、コストがかかってしまうのが難点でした。
セレック使用例この新しい技術であるセレックは、オールセラミックにもかかわらず、従来のものに比べたら1/2~1/3の費用で白い歯にすることができるのです。

read more… »

セレック制作工程

旧補綴物除去

修復方法の選択

近心舌側咬頭下に“う触”を認め、感染菌質除去後の欠損が大きくなる事が予想された。
その為セレック・インレー修復を選択。

窩洞再形成

感染菌質除去後の形成

フロアブルレジンによるアンダーカットの埋め立て及び窩洞内面のライニングを行った。

read more… »

セレックQ&A

セレックカウンセリングQ.どんな症状でもセレック治療は可能ですか?

A.一般的な詰め物・被せ物といった治療はもちろんの事、前歯に貼り付けるラミネートベニア治療も可能です。
歯を削る量を抑えて審美的な仕上がりを得られます。虫歯の大きさや咬み合わせの関係など、お口の中の状態により適切な治療法を検討いたしますので、詳しくは当院スタッフまでご相談下さいませ。

Q.なぜセラミックが良いのですか?

A.レジン(プラスチック素材)による修復治療と比べて、着色や変色、磨耗といった心配がありません。
金属修復治療と比べてもプラークがつきにくく、金属アレルギーの心配もありません。
また、セレックで使用するセラミックは工場で規格生産していますので、気泡などが混入する事も無く、全世界共通で常に品質が安定しています。
天然歯に最も近い素材として、世界中のドクターから評価されています。

read more… »

ホワイトニングとは?

歯のホワイトニングとは、濃度の濃いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあててゆっくり、やさしく、持続的に脱色します。
ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全ではの構造を変えずに、歯が白くなります。

その安全性については、FDA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。
歯科医師の指導を受け、ご自分で自宅で行っていただきながら白い歯を取り戻していただく方法です。

ホワイトニング処理前 ホワイトニング処理後

ホワイトニングの仕方

ホワイトニングの方法 その1 まず歯科医が歯と歯肉が健康な状態であるか診察します。
過去に入れたつめものを取り替えたり、虫歯の治療が必要な場合もあります。
そして型を取ります。
ホワイトニングの方法 その2 歯科医が作製した患者用トレーにジェル剤を流し込みます
ホワイトニングの方法 その3 歯を磨き、トレーを口に入れます。
トレーの端を歯に合わせます。
ホワイトニングの方法 その4 清潔な指か、柔らかい歯ブラシで余分なジェル剤を取り除きます。
口を2回すすぎます。
注意:すすいだ水は飲み込まないで下さい。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯の抜けたところに人口の歯根(インプラント)を植え、顎の骨としっかり固定させた後、その上に人口の歯を装着させたものです。

これにより取り外しの入れ歯の不快感が無くなり、天然歯と同等の力で噛む事が可能となる新しく画期的な治療法です。

インプラントした歯の口の中で見える部分
インプラントした歯の口の中で見える部分

インプラントに支えられた歯の模式図
インプラントに支えられた歯の模式図


インプラントに適している例

このような患者様はインプラントに適しています。

  • 取り外しの入れ歯が嫌いな人。
    • 口の中で入れ歯が動いたり、会話中にはずれ易い。
    • 話したり、笑ったりした時に入れ歯が見えて恥ずかしい。
  • 歯が抜けた部位を治療するのに隣の歯を削られたくない人。
  • 以前と同じ天然歯のような歯が欲しい人。


従来の治療法との違い

従来の治療法 インプラントの治療法

①歯が中間で1本抜けた場合
(ブリッジ)

ブリッジ図解

隣の健康な歯を削りブリッジします。
健康な歯まで削るのは嫌ですね。


①歯が中間で1本抜けた場合
(インプラント)

インプラント図解

インプラントは健康な歯を削ることなく植立し、人口歯を取り付けます。
自分の歯と区別がつかない位、治療の跡がわかりません。


②歯が中間で2本抜けた場合
(ブリッジ)

歯が中間で2本抜けた場合の図解(ブリッジ)

抜けた2本の歯の大きな噛む力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジします。
支える健康な歯は大変ですね。


②歯が中間で2本抜けた場合
(インプラント)

歯が中間で2本抜けた場合の図解(インプラント)

抜けた数だけインプラントを植立出来ます。
インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛む事が出来ます。


③奥歯が数本抜けた場合

(局部床義歯=部分入れ歯)

奥歯が数本抜けた場合の図解(局部床義歯=部分入れ歯)

取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。
さらに止め金で固定します。
口の中にバーや止め金の異物は不快ですね。


③奥歯が数本抜けた場合

(インプラント)

奥歯が数本抜けた場合の図解(インプラント)

数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。
入れ歯を固定するバーや止め金が不要となり、口の中がスッキリし、口臭も減ります。


④歯が全部抜けた場合

(全部床義歯=総入れ歯)

歯が全部抜けた場合の図解(全部床義歯=総入れ歯)

全部に床のついた入れ歯を装着します。
顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。
何とか動かないようにならないものですかね。


④歯が全部抜けた場合

(インプラント)

歯が全部抜けた場合の図解(インプラント)

数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。
入れ歯が安定し、口の中で動いたり笑ったときに飛び出す事はありません。